にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
<<======<<======<<======<<======<<======ランキングのボタン全部押して頂きたいです(押すのはタダです)
FC2ブログ

社会復帰1回目(3か月間)

社会復帰1回目
大手メーカーの子会社の設計に派遣で勤務しました。
製品が今までとジャンルが異なり新鮮でした。

勤務して気付いたのは、意外と僕が治っていなかったことでした。
「この図面、今日中に仕上げて」の何気ない一言に、僕が焦って、動悸が強く速くなった。
軽く目まいをしたりしました

残業していたら、結構、しんどかったりしました。

前職を辞めた理由を隠していたので、周囲に悟られないように顔に出さないようにしていました
建屋の1階だったので、外に出て深呼吸したり、周囲に気付かれないように薬を飲んだりしました。
都内の心療内科で処方されたパニック障害を起きた時に飲む頓服薬(確か、ユーパン)を飲みました。
すぐ効くときと効かないときがありました。
飲むと10分~20分後に、あくびが数回出ました。緊張をほぐすのでしょう。

新製品の開発案件でしたが、僕が参加したときには、スケジュール遅れ気味でした。
僕は、しんどいことを言えずに仕事頑張っていました。
電車通勤がパニック障害に悪影響だったので、職場に歩いて行けるところにワンルームを借りました

そのように毎日なんとか過ごしていましたが、12月中旬、
技術センター長が製品の共同開発している会社に打ち合わせに行った際、
突如「開発を止める」と発言しました。
電話会議で会話を聞いていた僕も含め留守番組は、唖然。
相手企業さんも驚愕、紛糾。相手企業さんもその場で判断できないと打合せ終了でした。


理由が何だったのかわかりませんでした。
打合せから戻ってきたセンター長が僕に直接言いました。
「君の会社に1月~3月の契約更新しているが、開発を正式にやめることになった場合、派遣契約を途中で止めるから、ごめん。」
とのことでした。なりふり構っていられなかったのでしょうが、凄い内容でした。

派遣会社の仕組みをご存知なかったから、営業を通さずに僕に直接言ってしまったのでしょうが。
12月下旬、派遣会社から1月~3月の契約更新するか話がありましたが、僕は更新しませんでした。
僕自身がしんどい状況で、開発スケジュールの遅れを挽回すべく正社員の方と取り組んでいましたが、
契約を途中で止める前提の契約更新に望めなかった、契約書にサインする気にとてもならかったので


スポンサーサイト